美容液の効果を発揮させるためのスキンケア

高い美容液を使ってもあまり効果が感じられないということはありませんか。それは今のスキンケアに原因があることが考えられます。美容液を使ってもいつまでも肌がべったりしていて浸透しているような気がしないということは、美容成分が全く浸透せずに肌表面に載っているだけとも言えます。

スキンケアで大切なことはしっかり落とすことと、しっかり保湿することの2点です。この2つが出来ていない肌ではどんな化粧品を使うことも意味がありません。

まずは洗顔ですが、洗浄力が高ければ良いというわけでは勿論ありません。ただ美容液の浸透が悪いということは肌のターンオーバーが正常ではなく角質層が厚くなっていることが考えられます。こういう肌の人はくすみなども見られますので、肌に合った洗顔で毎日キレイに洗うことが大切です。

そして次に保湿ですが、これは一般的な保水をする化粧水ではなくて保湿成分を配合した化粧水です。セラミドのような保湿成分で肌の中が満ち足りていないことには、せっかくの美容成分も肌奥に届けることが出来ません。もし浸透が悪いと感じるのなら、保湿成分配合の化粧水で肌を潤わせてから、美容液を使います。保湿はたくさん使えばいいというわけではなく適度な量で肌の中が水分に満たされるようになることが大切です。

美容液はよく化粧水の前なのか後なのか迷いますが、元々潤っている肌の人なら化粧水の前でいいのですが、乾燥していたり浸透が悪い人の場合は化粧水の前に使うことが、効果を発揮させるために必要になります。

Published by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です