メイク崩れ防止のためにMAMEWの「ナイト&デーエッセンス」

今の気温が高くなってくる時期には、皮脂の分泌量も多くなってきますので、メイク崩れも気になり始めてくる頃だと思います。今までのメイクでは、すぐにヨレてしまったりしますので、対策が必要となってきます。

私はメイク崩れ防止のために、MAMEWの「ナイト&デーエッセンス」を使っています。
メイクの一番初め(化粧下地の前)に使うのですが、これがとても良いです。全くメイク崩れがないと言う訳でないのですが、今まで使ってきたメイク崩れのコスメと比べると、効果が高いですので、気に入って使っています。

2016-08-22_141418

一度、鼻の頭に広い範囲に赤みのあるニキビが出来てしまったのですが、ここは皮脂の分泌量も多いし、きっとカバー力が足りないだろうなと、試しに使ってみたのですが、鼻の頭でもヨレにくかったので、とても嬉しかったです。

このエッセンスは、実は名前の通り、エッセンス(美容液)としても使えます。ですので、夜のスキンケアとしても使っていて、メイク崩れのしにくいお肌作りもしております。こちらのエッセンスには、あのプラセンタにも含まれている、EGFやFGFが入っており、お肌のターンオーバーを促してくれますし、ハリも与えてくれますので、メイクが楽しくなる効果が満載です。

使い始めて間もないですので、そこまでの効果はまだ実感出来ていないのですが、これから使い続けるのが楽しみです。

ニキビケアアイテムは有名だからいいわけではない

2016-08-22_141809

ニキビができてしまったときに「すぐに治す」ことができれば、ベストでしょう。ですが、そうは問屋が卸さないという状況も少なくないかと思います。そんなときには、とりあえず「隠す」「目立たなくする」という選択肢も候補に挙げざるを得ないこともしばしばでしょう。おでこにできたニキビならば前髪で隠す、女性ならメイクで目立たなくするという方法もありますね。

そして、できたニキビをそれ以上「悪化させない」というのも大事なことです。一番避けなければならないのは、間違ったケアをしてしまって状態をひどくしてしまうこと。ケアのために使っている化粧品などが自分の肌に合っていなければ、こんな危険性も出てきてしまいます。

ニキビケアのための商品も多数あって、本当に自分に合うものなのかどうかは、実際に試してみないことにはわかりません。選び方の基準も大事かと思います。

「テレビCMでよく見かけるから」
「自分の好きな芸能人やモデルが宣伝しているから」

このような理由で選んでしまう人も多いかとおもいますが、おすすめできる方法ではありませんね。大事なのは自分の求める成分が入っているのか、自分が使って結果が出せるものなのかどうかですから。そのようなポイントを見極めるためには、配合成分をよく確認すること、それからすでに使っている人たちの「口コミ」を参考にすることも有効な手段だと言えます。いい口コミ悪い口コミともに目を通してみてから、自分の期待する効果がありそうなのかどうかを判断することが大切です。

また、その商品に「返金保証」がついているかも確認しましょう。使ってみたけれど、やはり自分には合わないニキビケア製品だった、という場合も当然あるはずです。トライアルキットが用意されているものも積極的に試してみてもいいかもしれません。

納得できる商品に出会えるまでに、何度か失敗することもあるかと思いますが、肌に合わずにニキビを悪化させてしまうものを使い続けるよりも、よほど今後のためになると言えるはずです。

美容液の効果を発揮させるためのスキンケア

高い美容液を使ってもあまり効果が感じられないということはありませんか。それは今のスキンケアに原因があることが考えられます。美容液を使ってもいつまでも肌がべったりしていて浸透しているような気がしないということは、美容成分が全く浸透せずに肌表面に載っているだけとも言えます。

スキンケアで大切なことはしっかり落とすことと、しっかり保湿することの2点です。この2つが出来ていない肌ではどんな化粧品を使うことも意味がありません。

まずは洗顔ですが、洗浄力が高ければ良いというわけでは勿論ありません。ただ美容液の浸透が悪いということは肌のターンオーバーが正常ではなく角質層が厚くなっていることが考えられます。こういう肌の人はくすみなども見られますので、肌に合った洗顔で毎日キレイに洗うことが大切です。

そして次に保湿ですが、これは一般的な保水をする化粧水ではなくて保湿成分を配合した化粧水です。セラミドのような保湿成分で肌の中が満ち足りていないことには、せっかくの美容成分も肌奥に届けることが出来ません。もし浸透が悪いと感じるのなら、保湿成分配合の化粧水で肌を潤わせてから、美容液を使います。保湿はたくさん使えばいいというわけではなく適度な量で肌の中が水分に満たされるようになることが大切です。

美容液はよく化粧水の前なのか後なのか迷いますが、元々潤っている肌の人なら化粧水の前でいいのですが、乾燥していたり浸透が悪い人の場合は化粧水の前に使うことが、効果を発揮させるために必要になります。

うっかり日焼けでごわつく肌には唇にピンクベージュのリキッドルージュを

爽やかな風が心地いい初夏。その快適さに日焼け対策も、つい油断しがちになりますが、この時期の紫外線量は、実は真夏の7,8月とほぼ変わらないほど。

夏本番の今・・・気がついたら紫外線のダメージで肌がごわついてしまった、なんて人も多いのではないでしょうか。そんなときは、ハーブや植物から作られた肌に負担をかけないゴマージュを。これで角質をこすり落として、肌を柔らかく整えましょう。ケアするタイミングは、洗顔後の肌が柔らかくなった時。ただし、日に焼いた場合は、日焼け直後ではなく、肌が少し落ち着いて、赤みが取れてからケアするように注意してください。

でも、平日の朝などは、そのごわつきに気づいても、ゆっくり角質ケアなんてする時間もないですよね。そこで、メイクの錯覚効果の出番です。用意するのはベージュピンクのリキッドルージュを1本。唇に色やつやの印象がないと、日焼けしてごわついた肌が目立ってしまいます。そこで、リキッドルージュを唇に一塗り。つやつやの潤い間のあるリップに仕上げると、その錯覚効果でごわついた肌を一瞬にして健康的なツヤ肌に見せてくれます。

2016-08-03_103242

ベージュピンクは、肌なじみがいい色なので、肌自体がふっくら柔らかく見える効果があります。さらにリキッドルージュがいいのは、口紅みたいにその色がはっきりと発色しながら、つやが濃厚な点。口紅ほど重くなく、グロスほど軽くなく、しっかりとした色と質感が唇にのせられる。唇がふっくらみっちり見えるようになるため、ごわつき肌も、その印象にひっぱられて、健康的なツヤ肌のように見えるのです。

唇の中央からのせるように意識すれば簡単にきれいに仕上がるので、ぜひ、試してみてください。